読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉症スペクトラム男児(3歳)と。

息子キーロの成長記録

う、宇宙語が…!

ここ2週間ほどで気付いたこと。

キーロの宇宙語が減っている…?

 

今まではマイワールドに入ってる時だけでなく、発音できない言葉や何か長く言いたいときなど割と頻繁に出ていた宇宙語。

それをあまり聞いていないことに気付き、驚愕していますw

民間療育の先生方も、大分お喋り上手になりましたね~と言ってくださっていたんですが、まあびっくり。

子供の一日ってやっぱり大きいよね。

宇宙語喋ってるのもっと動画に撮りまくっておけばよかったかなー、と思うほどw

 

このあいだびっくりしたのは療育から帰宅後、

「ままー あいすー」

と突然言われ、「アイスはないよー」と流してたら(←しっかりおやつ食べて帰ってきている)

両手をパン、と合わせ「おねがい~~」と発言。

そのジェスチャーにも初めて聞いた「おねがい」にも母驚愕w

色んな事覚えてくるなあ、と感心しました。それが集団で覚えたのか大好きなテレビで覚えたのか謎だけどもw

多分お友達の確立が高そう。

 

親の前では同年代の友達とあまり遊ばないキーロですが、療育で友達と遊べてますか?と聞けば

「好きな〇〇くんって子がいるんですけど、仲良く遊んでますよー。ブロックで鉄砲作って戦ったり」

と言われ、再度驚愕することもw

元々積極奇異タイプなので想像はつくんですが、それでも公的療育や園庭開放では遊んでるところを見たことがなかったので

いや今も見れてはいないけどw、なんだかすごく嬉しいというか安心したというか。

定型児にとっては当たり前の事も、この子にとっては大きい喜びになるんだと実感。

ある意味、得してるのかもしれない。

 

席に座ってられる時間も少しずつ増えているみたいで、まだまだ心配事や不安なことはきりがないけど

キーロなりの成長を見守りたいとおもいます。

入園式、大丈夫かなあ。

去年の入園式は散々だったので、今年はせめて参加できるような精神状態でいてほしいな・・w

手帳申請

キーロが自閉症スペクトラム、知的障害と診断されてから、今まで障害手帳を申請せずにいました。

メリットはありますか?と役所の人に聞いても、心理士に聞いても、曖昧な答えしか返ってこず、大抵メリットがあるのは就学の時から~など、

挙句の果てにはパンフレットに書いてあるので読んでください、と言われただけ。

でも実際、メリットだらけじゃないのか?

この手帳がなくても診断が覆るわけではないのなら、持ってて得こそあれど損などないではないか。

ということで年明けに児相に電話。診断から一年近く経つので再検査しましょう、という運びで。早くても5月くらいになるとか言われたんですが…

昨日行ってきました。

 

発達検査、少しは伸びてるかなーと私も夫も思っていたんです。

60台が、70近くまでいってるんじゃないかなあ、と。

だって言葉の理解も進んだし、ほんの少し良い子になった。

だから漠然とね、そう思っていたんです。

 

結論として医師から言われたのは60前後です。と。

 

の、伸びとらんやないかい!!!

 

ていうか曖昧すぎないかw

59と63は全然違う気がするんだけどな~

って思うのは親なんだからでしょうね。他人から見たら大差ない数字なんだろうなw

 

あと初めて分離で検査したので、できたのかできなかったのかその様子もわからずじまい。

このもやつく感じ・・・

 

まあ診断もそのままでしたし、手帳を取るという目的は遂行されました。

待ってる間も特性丸出しだったし、定型との違いを探すとひどいのは間違いないので

もういい加減色々腹据えなきゃいかんのだと思う。

私、受容しきれてないんだろうな。あほくさいことに。

 

定型が100のスピードで成長しているとしたら

キーロは60のスピードで成長している。残り40は追いつけていない。

うんうん。

ただそれだけ。

それだけのことなんだよね。

 

得意な事を見つけてあげて伸ばすことは大事、だと言われました。

得意な事、あればいいんだけどね。

数字に強いわけでもなく、文字が読めるわけでもなく、絵が好きなわけでもなく

運動ができるわけでもないw

まあ、これからですから。と医師は言うけど

知ってるんだぜ・・・得意なものなんて何もなくて生きる人間がごまんといることを・・w

下手に希望なんか持ちたくない。

でも希望持つのも持たせる役目も親しかいない。

めんどくry

 

来月から新生活。

集団にもまれてどう変化があるのか。

まずはそこからだ。

 

そして私、幼稚園の準備何もしてない・・・・

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へにほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ