自閉症スペクトラム男児(3歳)と。

息子キーロの成長記録

年少になって

心配していた入園式も、無事終わり、園生活にも療育にも慣れてきた頃になりました。

 

まず、入園式がのびのび園だからかホールに適当に座る感じで特別な事もなく

終始ざわつき、兄弟の赤ちゃんの泣き声も聞こえる環境だったせいか、まったく目立つこともなく無事おわり心底ホッとしました。

主人が終始膝に抱えてキーロが飽きたらごにょごにょ遊んであげてたおかげですけどねw

私一人だったら間違いなく脱走してた…。

 

 

幼稚園も本人は嫌がることもなく、喜んで登園している。

だがちらっと担任に話を聞いたら、走ってる時にお友達に手が出てしまう、と言われ

固まった私。

今まで他害のイメージは一切なかった。

しかし週一の療育でも取っ組み合いの喧嘩になると言われ、なんていうか凄い成長しているんだなと思い直すことに。

親の見てる前とは全然違うんだろう。

その幼稚園で担任と話してる傍から、ちょっかいかけられ、キーロがその子を押してた場面を目撃。

こんな感じなのか、と理解した。

喧嘩や揉め事は定型でも必ず避けて通れない事だと思う。でも発達障碍児は定型と同じ行動をしていてもそうは見られない可能性がある。

勿論大抵定型と同じなわけではない前提で、親は気を張ってなければならない。

キーロは言葉が遅い。やめて、と言う前に手が出てる場合もあるだろう。

それは定型ではない事が原因になる。

人の気持ちもあまり読めない。自分のペースを崩されるのも好まない。こだわりに他人が介入してしまったらパニックになるかもしれない。

この先上記を理解する人は少なくなる。年少の頃は仲良く遊べても来年にはその異端さに気付く子も増えるだろう。

仲間外れになったり、出来ない自分に気付きはじめたり、etc・・・

 

残念ながら明るい未来は全く見えないww(←草とると悲惨になる

 

良い所はなんだろう。

語彙力は少し増えたかな。園で何をしたのかは聞いてもわからないことが多いけど、

「鼻血でちゃったよー」「ごはん全部たべたよー」「えーんえーんしたの」

こうやって断片的に教えてくれたりするw

寝るのが遅いので帰る頃は疲れて意気消沈してるキーロ。眠い時の癇癪がひどかったけど、ここ最近はその癇癪すら減ってきている。

園を楽しんでいるのなら、それでいいことにしよう。

 

お友達と喧嘩しても、ごめんね、ありがとうを言える子にしよう。

遊ぼう、いやだ、も言える子にしよう。

「でも噛もうとするんですけど、噛むのは悪いってわかっているのか我慢するんですよ」

園でも療育でも同じことを言われた。

そう、2歳から親にもたまーに怒って噛むふりや甘噛みはするけど、絶対に力を入れたりはしないキーロ。

外でもそうやって自分をコントロール出来てることに、もうちょっと私が認めてあげなきゃいけないのかも。

謝り倒す日々が始まるなぁって覚悟してるけど、子を否定し続けてても良くはならないよね。

 

さーて今後は運動会、発表会、と公開処刑の日々が待ってるし

多少の開き直りが必要になってくる。

そういえば!教育改革が始まり、今後このような子供がもっと生きやすくなるかもしれないと思いました。

柔軟な考えや発想を褒めてあげましょう、伸ばしましょう。こんな感じの教育になるみたいで。

集団行動が出来なくても、指示通りにできなくとも、否定してばかりじゃだめなんだと反省しました。

中々難しいけどね。